忍者ブログ
HOME > 前項現在のページ > 次項 Admin NewEntry Comment RSS  
渦巻き姉妹 ハナとグリ 時々自転車など
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

倍なんです

アンパンの「あん」がいつもの倍入っているらしいです。

たしかにずっしり重い。


最近はいつも「あこうぱん」のパンを食べている。
ふつうのパン屋にはないおもしろいパンを作っている。もちろん味にも大満足。
PR
2年ぶりのドイツへ行ってきた

これまでは成田からミュンヘンまで直行便だったが、今回は関空からトルコで乗り換えてミュンヘンに行くパターン

まずは関空で最後の晩餐

本当はとんかつ食べたかったけど、飛行機に乗って直ぐの夜11時過ぎに夕ご飯(ほとんど夜食)だったので、簡単にラーメン「どうとんぼり神座」
変わった味で美味しかった

そして飛行機にのるのだが、この日は台風が関西方面へ向かってきていて、30分早めて出発
とても雨風が強かったけど無事出発

おそらく、逆の対応で出発時間を数時間遅らせていたら、出発できなかったと思う

そして機内食を食す。メニューはこれ

そして運ばれてくるものを順に食べていく





今回はトルコ航空だったので、トルコ料理っぽいラム肉を選んだが、これは失敗。
味と臭いが全く合わず、残してしまった

そして、同行者で誰も注文に成功しなかったトルココーヒー

英語に堪能な方がCAに言っても、決して届かなかったらしい
味は、とても粉っぽい。普通のコーヒーでもよかった

約13時間後、現地時間の朝5時にトルコ・イスタンブール空港に到着
何も店などは空いていないことを考えていたが、さすが24時間空港

人でいっぱいです

そして、ラウンジが最高。
今まで色んな所のラウンジに行っていた同行者も今までで最高と言っていた

雰囲気と食べ物が美味しかった


そして2時間後にまた出発し、離陸3時間後にミュンヘンに無事到着
トルコ-ミュンヘン間は意外と近かった。

そして、そこから更に車で1時間半のブルクハウゼンが今回の宿泊地

ここはドイツとオーストリアの国境の街で、ここにある城は欧州一長い城壁がある



ここが国境の川

川をわたったらオーストリア

川側から城を眺める

城からオーストリア側を見てみる


今回の旅ではほとんどの日で雨が降っていてとても寒く、風邪をひいてしまった

あるアメリカ人が来る時はいっつも雨が降っているようで、彼は皆から雨男(Rainmaker)と呼ばれていた。

そして、帰宅となった

今回の旅では移動時によく眠れるように秘密兵器を準備していた

「Bose QuietComfort20i」

昔から購入を考えていたノイズキャンセリングイヤホン
しかも、タイミングが良く8月末に発売されたばかり。

これがあることで、飛行機内での低音がかなり遮断され、静かな環境で本を読んだり寝ることが出来た。

高温領域は完全に消すことは出来ないので、電車や人の話し声は若干聞こえるが、とても満足できる製品だった。これがあることで移動中に体力を消耗することがなかった。

もうちょっと出張が増えたら、更にIT関係を充実させようかと・・・。


平日の夜、AMAZONから贈り物

と思いきや、ダンボールがAMAZONなだけだった。
伝票には「ネコベッド」とある。

もしかしてと、送り先を見ると「グリ」の里親探しの際にお世話になった「candy」さんからだった。
ダンボール開封の儀を済まし、中からは「三代目 ネコベッド」がその姿を現した。

candyさん>ありがとうございます

とても綺麗。

ちなみに初代は

二代目は


三つ並べてみると


並べていると、何故かハナがやってきて、無理やり入る。
普段、ハナはネコベッドに入らないのでとても珍しいです。


背中が入ってないし


別の日にも入った。でも背中はやっぱり入っていない


そんな頃、グリは「世界ネコ歩き」に夢中。



と言うことで、残念ながらグリはまだ入っていません。多分暑いからなので、もうちょっと涼しくなったら入ってくれると思います。

繰り返しですが、
candyさん、いつもいつもネコベッドありがとうございます。ずーっと愛用中です。
グリも、こちらに来た時は痩せて食も細かったですが、いまでは若干肥満気味となって、ハナと楽しく遊んでいます。


ありがとうございましたm(_ _)m

----------------------------------------------------------------------------------
と、ブログを一旦は書き終わったのだが、先ほどグリがベッドの中に入っていた。



しっかり新しい方に入っているし、サイズもハナの場合とは違ってピッタリ

山口県 湯田温泉に宿泊し、気持ち良い温泉を堪能した翌日

今度は山口県のもう一つの観光地(?)と考える「角島大橋」に向けて出発した
この橋はいろんなCMなどに使われているようで、かねてから行ってみたいと思っていた場所である。

湯田温泉からは殆どを下道を走り、約90分後に到着。
既に沢山の観光客でイッパイだった

橋の手前の小道を上ったところが一番の見晴らしポイントだった。ここは誰かのブログに書いてあった場所で、ここにも沢山の人が見に来ていた。

ここは本州から角島までの約1800mの橋であり、周りの海の色もとても綺麗で、海水浴にも「うってつけ」の場所であった(私は泳がないけど)
とりあえず角島まで走ってみたが、今回の目的は橋だったので、そのまま大分に向けてUターンした


途中「関門海峡」を通り、

実家に到着。

次の日には、日田方面に観光に出発(なんか車乗ってばっかし)
お昼には早かったので、朝倉にある「三連水車」を見に行く


この地域には、三隈川ー筑後川の流れを活用し、過去から水車の運用が盛んだったみたい。
でも、写真の水車は小さかったので、ちょっと拍子抜け。
でも、この地方のフルーツ(ぶどう、梨、マンゴーなど)は食べる価値ありです。

その後、日田まで戻り昼食となった
この日の昼食は「鮎料理」。三隈川沿いにある「鮎やな場」

ここで「鮎定食」を皆で食べる

鮎塩焼、鮎背ごし、鮎甘露煮、小鉢(鮎から揚げ)、鮎飯、鯉こく、漬物

全てが美味しかった。特に塩焼きは絶品。


他にも鮎寿司(こっち見んな)などもあり、鮎を堪能しました


ただ、日田は大分の中でも暑いところで、この日も38℃に達していて、嫁さんがダウンしてしまった。もっと涼しい日に行きたかった。

さらに、この日の夜の地方ニュースで、このやな場が取り上げられており、ちょっとの差で映らなかった様だった。残念・・・

この様に大分を堪能し、早いけどその次の日にはフェリーで四国まで渡り、兵庫まで帰ってきた


夏休み初日から、帰省を含めて1300kmの道のりを車で走り、とても忙しい日々だった。あと一日くらいは大分にいても良かったかと考える。


蒜山サイクリングの次の日、ちょっとダメージを受けている左足を引きずりながら実家のある大分へ帰省した

但し、今回は久々の途中で宿泊するパターン。
楽天トラベルのランキングでご飯の美味しい旅館を探して、予約していた。

場所は山口 湯田温泉。ここから約300kmの道のりである。
朝9時頃に赤穂を出発し、岡山を通過するまでは順調に進んでいたが、広島の本郷から西条の先までの約20kmの渋滞発生。
盆時期はここらへんでいつも渋滞する。

このまま待ってもストレスが溜まる一方なので、ナビとにらめっこしながら下道を走って行く。近くの国道2号は渋滞していることが予想されるので、最初は中国自動車道まで走ろうと思っていた。しかし、ちょっと遠すぎるので県道を選ぶ。

山の中を走って行き志和ICにて山陽自動車道に復帰した。その後は目立った渋滞もなく、山口市に15時に到着。旅館にチェックインするにはちょっと早いので、近くにある「秋芳洞」に行く。
前日のサイクリング時に、秋吉台に行くと言ったら、Yさんから「それなら鍾乳洞に行かねば」と言われ、カルスト台地の下にある秋芳洞を目的地に設定していた

外気温は35℃を超える猛暑。でも、鍾乳洞の中は17℃前後ととても涼しかった





鍾乳洞の中が非常に広くて、そして観光客が多くてびっくり。さすが山口にある有名な観光地の一つ。

また猛暑の中に戻り、旅館に向け出発。そして、温泉に入ったあとにおまちかねの夕食








量もちょうどよく、見た目も味も満足できる内容でした。

夕食も朝食も、両方共とても美味しかった。


大分への帰省 その2に続く。


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
プロフィール
HN:
nagkaz           
自己紹介:
 住所:兵庫県 赤穂市
 家族:夫、嫁、
    猫2匹(ハナ、グリ)
SnapWidget
facebook


twitter
お天気情報
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
猫ブログ
ランキング参加中
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
ポチっと押してくださいね
自転車ブログ
ランキング参加中


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
ポチっと押してくださいね
カウンター
Mail
STRAVA
最新CM
[01/06 さだよめ]
[01/05 野口]
[01/02 ichimi]
[08/29 candy]
[08/10 kawaguchi]
アクセス解析
Feedly
follow us in feedly
ハナ ログ Produced by nagkaz           
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com